建築士 今村智則 imtom.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

兵庫県姫路市で住宅設計を生業とする建築士、今村智則の徒然記


by imtom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

とんど焼きと初ゑびす祭


毎年恒例の播磨国総社(射楯兵主神社)のとんど焼きと初ゑびす祭に行ってきました。播磨国総社(射楯兵主神社)の初ゑびす祭は、とんど焼きとあわせて14日・15日・16日に行われています。

e0000025_11513746.jpg


e0000025_11513718.jpg


e0000025_11513786.jpg


e0000025_11513771.jpg


e0000025_11513701.jpg



# by imtom | 2019-01-15 11:54 | 日常のこと | Trackback | Comments(0)

昨日に続いて今日も「全国陶器市」をぶらついてきました。昼食後愛犬と散歩を楽しんでからゆっくりと出かけてみました。
e0000025_19190093.jpg
今日は購入する予定はなくただぶらついて、同時開催の菓子博でおやつタイムを楽しもうという予定です。

目的もなくただ陶器市をぶらつくのも味気ないので、母がサンマなどの魚料理用のお皿が重くて使いにくいと言っていたのを思い出し、魚料理用の皿を見て回ることにします。

普段は気にしてみることのない焼き魚用のお皿ですが、ただのプレート状の物や一目で秋刀魚専用と分かる極端に細長い物まで多くの窯元さんが結構力を入れて作られています。結構カッコ良い物があります。で、良いなぁと思って手にとるとほとんどが一枚¥2,000-でした。次に多いのが一枚¥3,000-です。焼酎杯ならこんなものかと思いますが、皿一枚となるとなんだか高価に思ってしまいます。

まだ来てから小一時間も経っていないのですが、2時30分頃には菓子博コーナーを物色します。三時のおやつタイムのつもりで三時になるのを待っていると菓子の売り切れが続出してしまいます。

菓子博コーナーでは播磨のお菓子がたくさん出品されていますが、中でも長い行列ができているのが丹波の焼き栗と江戸屋さんのわらび餅です。何が何でも食べたい時以外は並びたくないほど長蛇の列です。そこで、私個人の例年定番のおやつ白鷺陣屋のかりんとうまんじゅうとコーヒーでおやつタイムとします。
e0000025_19190112.jpg
かりんとう饅頭は餡を黒糖味の皮で包んで揚げたノーマルなタイプとは別にチーズクリーム味があります。1つずつ食べる予定でしたが、既にチーズクリーム味は売り切れでした。残念。その場で揚げて、揚げたてを提供してくれるのですが、来年は会場に到着したら真っ先におやつを確保しておこうと思います。

さて、おやつを楽しんだ後残る少しの時間、魚料理用の皿探しを続けてみます。欲しいなぁという皿は2つほどありましたが、秋刀魚専用の細長いやつで、カレイの煮付や焼き鮭などにはむかずこれだと別の皿が必要になるんだろうなぁという器でした。今年は購入していませんが、確かに焼いた秋刀魚をその器で食べると旨いだろうなぁと思います。

帰る直前に一つだけぐい呑みを買ってしまいました。
e0000025_19190163.jpg
写真右側の物で、左手の昨日購入した丹波焼の器と雰囲気が似ていますが少し荒々しい雰囲気で大き目です。岐阜県の美濃焼 朱山窯さんの器です。

窯変で色がついているので2つとして同じものはありませんし、手作り品のため形も同じものが2つありません。大量生産品で似たような雰囲気の物がたくさんある器だと来年の市で買おうかとなるのですが、このようにもう二度と同じものが見れないものは見つけた時に買うしかありません。

今年も存分に陶器市を楽しみました。
# by imtom | 2018-11-04 19:20 | 日常のこと | Trackback | Comments(0)